脱毛サロンに行く前日の事前処理について

目安時間:約 5分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

脱毛サロンの施術日の前には、必ず事前処理をしなければいけません。

毛が伸びたままになっていると、脱毛できなくなるので大変です。

 

 

また、事前処理を間違えても、脱毛できなくなってしまうので、

正しい方法を知っておくべきです。

 

 

ここでは、脱毛サロンの施術前の事前処理について、詳しくお話しします。

 

何日前にすればいい?事前処理の方法は?

脱毛サロンに行く前に、事前処理というムダ毛処理をしなければいけません。

これから脱毛をするというのに、なぜ事前処理をしなければいけないのか?

 

 

それは、毛が長いままで脱毛サロンの光脱毛施術を受けると、

毛が長い分、多くの光エネルギーを使うことで、

火傷をしてしまう恐れがあるからです。

 

それにより痛みも発生しますし、脱毛効果が下がります。

 

 

事前処理は、カミソリやシェーバーで行うのが一般的です。

 

 

カミソリやシェーバーでムダ毛処理をすると、

角質層が剥がれてしまうので肌のバリア機能が弱くなって

肌荒れすることもあります。

 

 

仮に肌荒れしても、2日くらいで回復しますから、

事前処理は脱毛サロンに行く日の1日から3日前に行うのが一般的です。

 

 

もしも、剃り残しがあったとしても脱毛サロンによっては、

無料で剃り残しの前処理をしてくれることもあります。

 

剃り残しについては、カウンセリングや契約の時点でしっかり聞いておきましょう。

 

事前処理はどれくらいすればいいの?

事前処理といっても、全身スベスベになるまで完璧に行わなくては

いけないわけではありません。

 

例えば、デリケートゾーンや背中、襟元などは事前処理しにくいですよね。

 

 

そんな時は、脱毛前に脱毛サロンに相談して、

どれくらい事前処理をすればいいのか?

を聞いておきましょう。

 

 

剃り残しの対処方法や対応部位は、脱毛サロンによって違いますし、

場合によっては料金が発生することもあります。

 

 

新たに料金が発生したり、脱毛不可能になると困りますので、

しっかり確認しておきましょうね。

 

事前処理をするときの3つの注意点は?

事前処理はいくつかの注意点を守って行ないましょう。

 

当日になって肌荒れで脱毛ができないということにならないためにも、

注意点は重要です。

 

入浴中の処理は禁物!

入浴中は角質層がやわらかくふやけているので、

事前処理をすると角質層を多く削ってしまうことになります。

 

 

すると、角質層が薄くなってバリア機能が低下し、

肌荒れしやすくなります。

 

 

また、肌がデリケートになるので、

脱毛当日の光の刺激も受けやすくなります。

 

事前処理の後はしっかり保湿を

事前処理をした後は、必ず保湿をしましょう。

セラミド配合の保湿クリームやゲルで保湿するのが好ましいです。

 

 

角質層の保湿成分の約8割がセラミドです。

 

事前処理で角質層が削れると、それだけセラミドが減少するので、

セラミド補給が最適です。

 

毛は絶対に抜かない!

事前処理は、必ずカミソリかシェーバーで行いましょう。

間違っても毛抜きは使わないことです。

 

 

毛を抜いてしまうと、毛根まで引き抜いてしまうことになります。

光脱毛は、毛根がなければ施術できないので脱毛不可能となります。

 

 

脱毛サロンで脱毛をする場合は、事前処理が必須ですが、

方法を間違えると脱毛ができなくなったり、

新たに料金が発生することもありますので、

十分に気をつけましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
カテゴリー
最近の投稿