ワキ脱毛したらワキガになるって本当?

目安時間:約 5分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

脱毛サロンでワキ脱毛をすると、

ワキガになるという話がよく飛び交っていますよね。

 

 

ワキ脱毛でワキがツルツルになるのはいいけど、

ワキガになるのならやめておこうかな・・・?

 

 

そんな話を聞くと、ワキ脱毛をするのが

怖くなってしまいますよね。

 

 

しかし、本当にワキ脱毛でワキガになるのか?

ここで、その真相を詳しくお話ししたいと思います。

 

本当にワキ脱毛でワキガになるの?

結論から言うと、ワキ脱毛でワキガにはなりません。

ワキガになったような気がするだけです。

 

 

実際に、ワキ脱毛の後にワキの臭いが強くなったとしても、

ワキガになるという医学的な根拠はありません。

 

 

逆に、ワキガの発生に関係している脇毛がなくなるので、

ワキガが軽減されるはずなのです。

 

 

また、サロンでワキ脱毛をすると、毛穴も引き締まるので、

毛穴で雑菌が繁殖しにくくなりワキガが発生しにくくなります。

 

ワキ脱毛でワキガになったと思ってしまうのはなぜ?

脱毛サロンでワキ脱毛をすると、

ワキガになったと思ってしまうのは、

汗ジミができやすくなるからです。

 

 

ワキ毛には、汗ジミを防ぐ効果があるのですね。

 

 

しかし、そのワキ毛がワキ脱毛で完全になくなるのですから、

汗ジミができないわけがないのです。

 

 

ワキに汗ジミができると、

「臭ってくるかも?」と焦りますよね。

 

 

すると、精神的な焦りから皮脂を多く含む汗を

かいてしまうのです。

 

 

皮脂を多く含む汗をかくと、皮脂が毛穴に詰まりやすくなるので

酸化して臭いが強くなります。

 

 

つまり、それによって「ワキガになった!」と

勘違いしてしまうのかもしれません。

 

そもそも、どうしてワキガになるの?

普通に汗をかくだけならワキガになりません。

 

 

汗が出る汗腺にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺の

2種類があります。

 

 

エクリン汗腺は、皮膚の浅いところにある汗腺で

ほとんどが水分出てきているサラサラの汗を出します。

 

 

もう一方のアポクリン汗腺は、皮膚の深いところにある汗腺で

粘り気のある汗を出します。

 

 

粘り気の中には、水分の他に皮脂やたんぱく質が

たくさん含まれているので、空気中の雑菌が繁殖しやすく、

ワキガを発生させるのですね。

 

 

ストレスを感じたり緊張した時にアポクリン汗腺から汗が出ると

言われていて、ワキからもネバーっとした汗がじんわり出ます。

 

 

汗が出てすぐは臭いがないのですが、空気中に触れると、

だんだん雑菌が寄ってきてワキガになります。

 

 

いかがでしたか?

 

 

ワキガはアポクリン汗腺から汗が出た時に発生する臭いであり、

ワキ脱毛で起こる臭いではありません。

 

 

医学的にも根拠がない噂であり、

ワキ脱毛で逆にワキガがなくなるはずなので安心してくださいね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
カテゴリー
最近の投稿