生理だとなぜ脱毛できないんですか?

目安時間:約 5分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

生理中の脱毛は控えるようにと、脱毛サロンからも言われると思います。

 

 

でも、、、忙しい女子はスケジュール調整が大変なので、

生理中でもなんとか脱毛に行きたくなる時がありますよね。

 

 

でも、ここはちょっと我慢しましょう。

 

生理中に脱毛をすることで、いくつかのデメリットがあります。

 

 

ここでは、生理中に脱毛をしてはいけない理由をお話しします。

 

ホルモンバランスが乱れているから

生理予定日の2週間ほど前から生理になるまでは、

ホルモンバランスがすごく不安定です。

 

 

その影響は、体調だけではなく精神面にも出てしまうので、

例えばPMSに苦しむ女子も多いですよね。

 

 

ホルモンバランスが乱れることで、いろんな悪影響が体に出てしまいます。

 

 

そんな時に、脱毛の施術をするとトラブルが起こりやすいため、

生理前から生理中にかけては、脱毛を避けるようにと言われるわけですね。

 

肌が敏感になっているから

ホルモンバランスが乱れると、肌荒れしやすくなりますね。

 

生理前は、ニキビや敏感肌で肌荒れを起こす女子も多いことでしょう。

 

 

ホルモンバランスが乱れると、肌の水分と油分のバランスが崩れるので、

乾燥しやすく敏感肌状態になってしまいます。

 

 

肌が乾燥すると、肌の表面側にある角質層が薄くなるので、

バリア機能が低下して、ちょっとした刺激にも敏感になってしまうのです。

 

 

脱毛サロンの光脱毛は、肌に優しいのですが、

肌が敏感になっている時は、やはり受ける刺激も大きいです。

 

 

そのため、いつもは大丈夫でも、

脱毛後に赤みやかゆみが出てしまうことがあります。

 

脱毛効果が下がるから

生理の2週間ほど前から生理中は、ホルモンバランスの乱れによって

毛周期のサイクルも乱れがちです。

 

 

脱毛サロンの光脱毛は、毛周期に合わせて脱毛をしているので、

毛周期のサイクルが乱れると、脱毛しにくいのもあり

効果がダウンしてしまいます。

 

 

また、生理に近づくほど、体毛が濃くなる傾向があるので、

効果を実感できないこともあるのです。

 

終わりかけでもダメなの?

 

生理が終わりかけであっても、VIOラインの場合は、

施術用ベッドやマシーンに経血がついてしまう恐れがあるので、

施術しないのがマナーです。

 

 

これは衛生面の問題になりますが、

経血から何かの病気に感染することもあります。

 

 

というのも、経血は落としにくいので

残ってしまう可能性もあるのですね。

 

 

また、ホルモンバランスも、生理がしっかり終わってからでなければ

整いませんので、肌トラブルが発生する可能性もあります。

 

 

忙しい女子にとってみれば、生理の2週間ほど前から生理中まで

脱毛ができないのは、大変なことかもしれません。

 

 

しかし、脱毛はだいたい2ヶ月に1回のことなので、

しっかりスケジュール調整をして予約を入れるようにしましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
カテゴリー
最近の投稿