脱毛サロンと医療脱毛は何が違うの?

目安時間:約 6分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

脱毛サロンと医療脱毛は同じように思えますが、光の強さや痛み、費用、期間などが違い、

それぞれにメリットとデメリットがあります。

 

 

ここでは、脱毛サロンと医療脱毛の違いやメリット、デメリットをご紹介します。

 

 

脱毛サロンのメリット・デメリット

脱毛サロンでは、医療脱毛よりも照射力の弱い光を使ったIPL脱毛や

プラズマ脱毛などの光脱毛が行なわれます。

 

 

ここで、脱毛サロンのメリットとデメリットをご紹介します。

 

脱毛サロンのメリット

 

 

リーズナブルな料金

 

脱毛サロンのお得なキャンペーンをうまく利用すれば
部分脱毛なら数百円、全身脱毛なら月額制で利用できます。

 

 

好アクセスで通いやすい

 

全国展開や駅近アクセスで転勤や通勤帰りにも通いやすく便利です。

 

 

痛みが少ない

 

脱毛サロンでは、照射力の弱い光を使って脱毛するので、

痛みが少なく、肌への負担もあまりありません。

 

 

脱毛サロンのデメリット

 

エステシャンによって仕上がりが違う

 

施術を行なうのは有資格者の医師ではないので、サロンやエステシャンによって
腕が違います。そのため、脱毛の仕上がりに差が出てしまうことがあります。

 

 

脱毛期間が長い

 

照射力の弱い光を使っているので、脱毛期間が長くなります。

 

 

予約を入れにくい

 

これは、脱毛サロンにもよりますが、キャンペーン中などは

特に予約が取りにくいです。

 

 

永久脱毛ではない

 

法律的に、医療機関ではない脱毛サロンで永久脱毛をするのは

禁じられているため、脱毛サロンでは完全な永久脱毛が出来ません。

 

 

医療脱毛のメリット・デメリット

 

医療脱毛は、照射力の強いレーザーを使って行なわれる

医療レーザー脱毛といわれるものです。

 

 

医療レーザー脱毛は、医療期間で行なう脱毛のため、

照射力の強い光で毛根を壊す方法で本格的に脱毛します。

 

 

ここで、医療脱毛のメリットとデメリットをご紹介します。

 

医療脱毛のメリット

医師が責任を持って施術してくれる

 

医療脱毛は、医療機関と認定されているクリニックなどで行う脱毛なので、

有資格者の医師が責任を持って脱毛施術してくれます。

 

 

脱毛期間が短い

 

出力が高い光を使った脱毛なので、脱毛スピードも早く、

脱毛サロンの半分くらいの回数で完了します。

 

 

永久脱毛が出来る

 

医療脱毛は、法律上、永久脱毛をしてもいいと認められているので、

出力が高い光で永久脱毛が出来ます。

 

 

麻酔が使える

 

脱毛の痛みに耐えられない場合は、医療機関なので

麻酔薬を使用できます。

 

 

医療脱毛のデメリット

 

痛みがかなりある

 

出力が高い光を使っているので、脱毛サロンより痛みがあります。
肌への負担も大きいです。

 

 

料金が高い

 

本格的な脱毛なので、基本的には料金が高いです。
しかし、クリニックによってはリーズナブルな料金で提供していることもあります。

 

脱毛サロンと医療脱毛はどっちがいい?

ご紹介した通り、脱毛サロンと医療脱毛には、それぞれにメリットと

デメリットを持っています。

 

 

どちらがいいか?の判断基準は、脱毛する人によって違い、

向き不向きがあります。

 

 

脱毛サロンは、お試し的に美容目的の脱毛をリーズナブルな料金で

ゆっくり行ないたい人にオススメです。

 

 

医療脱毛は、本格的にお金もかけて完全な永久脱毛を

できるだけ短期間で行ないたい人にオススメです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
カテゴリー
最近の投稿