レーザー脱毛すると赤みが引かないこともあるの?

目安時間:約 5分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

レーザー脱毛を行った人の中には、肌に赤みや腫れが生じて数日間引かなかった

という経験を持つ人が時折見受けられます。

 

 

これは全ての人に起こる事ではありませんが、肌が通常の人よりも薄かったり、

敏感である事や、脱毛当時の体調、肌の状態など、様々な理由が考えられます。

 

 

レーザー脱毛の仕組みというのは、熱を伴ったレーザー光線を肌に照射する事により、

ムダ毛を毛根から打破するといった方法になります。

 

 

ですから、当然、レーザーを受けた事により毛穴以外の肌にも、

ある程度の熱がこもる事になります。

 

 

そういった熱による肌への負担が、肌の水分を奪い肌のバリア機能が低下し、

それにより乾燥した肌は、健康な肌と比べて容易に炎症を起こしやすくなってしまいます。

 

 

肌に炎症が起こると、赤く腫れたり、ブツブツと湿疹が出たり、

またはヒリヒリとした痛みを伴う事もあります。

 

 

レーザー脱毛施術後の肌の赤みはたいていの人に起こりますが、

これは大体3日〜1週間ほどで自然に引いていきますので、

程度が軽い場合はそれほど心配する必要はありません。

 

 

ただ、稀ではありますが時に軽い火傷状態になってしまうことも場合によってはあります。

 

ですから、乾燥肌や酷い敏感肌の人を中心に、肌が弱い事を自覚している人は、

事前に担当の施術スタッフか皮膚科の医師に相談しておくのがベストです。

 

 

顔脱毛で赤みや腫れが出てしまった場合は

 

こういったレーザー脱毛後の赤みや腫れなどは個人差がありますが、

症状が軽い場合で、腕や脚等、洋服で隠れる部分に出来る分にはさほど問題は無いでしょう。

 

 

しかし、顔のような隠せない部分に出来てしまった場合には

どう対処したら良いのでしょうか?

 

 

方法としては、連休等を利用して人に会わなくてよい日にちを脱毛日に設定する事です。

 

 

どうしても顔は他の体の部分に比べてデリケートなパーツになりますので、

赤みが残る期間等が多少長くなりがちです。

 

 

 

その期間としては個人差がありますが、脱毛後の約3日ほどは赤みが残りがちですので、

どうしても外出しなければならないのでしたら、マスクをするなどして隠すとよいでしょう。

 

 

もし脱毛後に1週間を過ぎても顔の赤みや痛みが引かないようであれば、

施術を行ったサロン等に連絡した上、必要であれば皮膚科を受診しましょう。

 

 

レーザー脱毛後はなるべく炎症を鎮める為にも、直射日光を避け、

飲酒や汗をかくほどの激しい運動は控えたほうが良いでしょう。

 

 

また、湯船につかるのも出来るだけ避けた方が無難です。

基本的にレーザー脱毛後は、体温が上がる事をしないように心がけて下さい。

 

 

加えて、低刺激の化粧水とクリームで保湿してあげる事を忘れずに行いましょう。

 

 

脱毛後の肌は水分が減って脱水状態にありますので、

しっかりと保湿ケアを行ってあげれば乾燥を防げます。

 

 

色々と心配になる事が多いレーザー脱毛ですが、脱毛を行っているエステサロンや

クリニックのスタッフさんは皆プロですので、ある程度の症状は事前に予測されています。

 

 

説明をしっかり聞いて、相談しやすい関係を築いておくのも、

ツルツルのキレイな肌を手に入れる秘訣のひとつです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
カテゴリー
最近の投稿