脱毛当日にお酒を飲んじゃいけない理由を解説

目安時間:約 4分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

脱毛サロンで脱毛する時に説明を受けるのが、脱毛当日の飲酒は禁止という内容。

 

 

ほとんどの脱毛サロンで脱毛当日の飲酒が禁止されていますが、

これはどうしてなんでしょうか?

 

飲酒するとどうなるのでしょうか?

 

脱毛サロンでの飲酒のきまり

脱毛サロンで脱毛を受ける場合、カウンセリングの時や、施術前後の説明で、

脱毛当日の飲酒はしないようにと説明を受けます。

 

脱毛前でも、脱毛後でも飲酒は禁止です。

 

 

具体的な時間として、脱毛する前後12時間は飲酒しないようにと

説明する脱毛サロンもあるようです。

 

飲酒すると体はどうなる?

アルコールには血管を拡張する作用があるため、

体の血管が広がり、皮膚が赤くなることがあります。

 

赤ら顔になるのもこのせいです。

 

 

また、体温を上げる作用もあるため、通常よりも体温が高くなり、

皮膚が熱感をもつことも。

 

 

アルコールには利尿作用があるため、体の水分が失われて脱水症状を起こし、

皮膚が乾燥してしまいます。

 

 

これらの症状のせいで、皮膚のバリア機能が低下したり、

皮膚の炎症を悪化させてしまうことも。

 

脱毛後のお肌は?

光脱毛の光は毛にだけ反応するようになっていますが、

皮膚も影響を受けてしまいます。

 

脱毛後にお肌が赤くなることも。

 

 

また光をあびることで皮膚の水分が少し失われ、

乾燥しやすくなっています。

 

 

そのため、いつもより敏感になっていて、刺激に弱い状態となっています。

 

アルコールの影響は?

血管が拡張するせいで、脱毛後の肌がさらに赤くなってしまいます。

 

 

体温が上がることで、かゆみがでることも。

乾燥がひどくなることもあります。

 

 

アルコールを飲むことで、通常よりも脱毛後の反応が

強くなってしまうことが多いようです。

 

 

そのため、脱毛当日は飲酒禁止となっています。

 

脱毛当日の飲酒はやめよう!

脱毛当日にアルコールを飲むと、お肌のトラブルを起こす可能性が

高くなるため、飲まないようにしましょう。

 

 

どうしても飲まないといけない場合には、

脱毛の予約をずらすしかありません。

 

 

脱毛前に飲酒すると、脱毛後の皮膚反応が強くでるため、

脱毛を中止する脱毛サロンもあるようです。

 

 

その場合、キャンセル料などを取られる恐れもあるため、

お気をつけください。

 

 

脱毛当日に飲酒が禁止されている理由についてご紹介させていただきました。

 

 

脱毛する日は休肝日と決めて、アルコールをとるのをやめてくださいね。

 

お肌のトラブルを防ぐことが、ツルツルお肌を手に入れるのに大切ですよ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
カテゴリー
最近の投稿