脱毛したら副作用が出ることはある?

目安時間:約 4分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

最近の脱毛サロンでは、副作用は少ないですが、

その時の体調なども関係して副作用が起こることもあります。

 

また、赤みやヒリヒリ感は、何日間か続くことが多いです。

 

 

ここで、脱毛でよくある副作用をご紹介します。

 

照射によるやけど

脱毛の副作用で一番多いのが、やけどです。

 

これは、光脱毛の照射で起こるやけどで、

毛が濃い部分に起こりやすいです。

 

 

脱毛サロンの光脱毛は、医療系の美容クリニックの

レーザー脱毛よりは光の出力が弱いので、

やけどの副作用は少ない方ですが、

全くないとは言えません。

 

 

光の出力が弱いと、脱毛効果が下がるので、

いつもギリギリ高い出力で光脱毛が行なわれています。

 

だからこそ、やけどをしてしまうことがあるのです。

 

 

もし、やけどがあった場合は、すぐに脱毛サロンに話して、

冷却などの対処をしてもらうことです。

 

 

あまりにも、症状がひどいのなら、皮膚科に行くことです。

 

炎症性浮腫による赤みやむくみ、ヒリヒリ感

脱毛の後の赤みやヒリヒリとした感触、

むくみなどを炎症性浮腫と言います。

 

 

炎症性浮腫は、脱毛後の3日間くらいに現れる

副作用の症状ですが、大体は3日以内に治ります。

 

 

特に、レーザー脱毛の場合、炎症性浮腫が起こる可能性が

高いですが、これも1週間以内には治るケースがほとんどです。

 

 

また特に、脇やVラインなどの毛が濃い部分に現れやすく、

さらには、VIOラインは皮膚が弱くてデリケートなので

起こる可能性が高いです。

 

 

3日以内に症状が治まらない場合は、脱毛サロンに相談するか、

皮膚科を受診しましょう。

 

ニキビのような毛嚢炎

ニキビに似た感じの毛嚢炎という副作用が起こることもあります。

 

 

これは、光脱毛の光によって肌に負担がかかり、

バリア機能が低下すると、毛穴に細菌が入りやすくなって起こる

毛穴の炎症です。

 

 

特に、デリケートな顔や皮脂分泌が多い背中に起こることが多く、

まさにニキビとよく似た状態の副作用です。

 

 

皮脂が多いと、細菌とともに皮脂が毛穴に詰まりやすくなり

炎症を起こす可能性が高いです。

 

 

ニキビとほぼ同じメカニズムで発生するので、

脱毛後は肌を不潔にしないように心がけましょう。

 

 

いかがでしたか?

 

サロンでの脱毛のあとは、副作用を悪化させないためにも、

サロンに言われた通りに注意点を守るようにしましょう。

 

 

副作用が原因で、肌荒れが悪化すると、せっかくのツルスベ肌が

台無しで、脱毛したのに損しているような状態になってしまいます。

 

 

症状が悪化したら、1日も早く皮膚科を受診することです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
カテゴリー
最近の投稿