自己処理から早く脱毛に切り替えるべき理由とは

目安時間:約 7分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

 

ムダ毛の自己処理は、時間が経てばまたすぐに生えてきて、

まるで終わりの無い追いかけっこのようですよね。

 

 

肌の露出が増える季節には特に、

毎日のムダ毛処理がめんどうに感じてしまうものです。

 

 

そこで誰もが最初に手を出すのがカミソリですが、

カミソリでのムダ毛処理はお手軽で、

お金もかけずに自分で出来るのが魅力です。

 

 

しかし、長く続けていると毛穴が開いてきてポツポツと目立ち始め、

せっかくキレイに手入れしたつもりが時間が経つにつれ、

徐々に肌は無惨な姿になっていってしまいます。

 

 

最悪、皮膚へ刺激が繰り返されることによる炎症が原因で、

肌が色素沈着を起こし黒ずんでしまう可能性もあります。

 

 

カミソリの使い過ぎで肌が黒ずんでしまった肌は、

もとのキレイな状態へ簡単には戻せません。

 

 

また、カミソリの刃を頻繁に替えないと刃にサビが付き、

ちょっとした見えない肌の傷から雑菌が混入して

肌の炎症を引き起こしてしまう可能性もあります。

 

 

カミソリでのムダ毛の自己処理は、

以上の点から長い目で見たらお勧め出来ません。

 

 

では、毛抜きなどでムダ毛を抜いてしまうのはどうでしょうか?

結論から言いますと、これもやめておいた方が良いでしょう。

 

 

元来ムダ毛というのは、毛穴から細菌が入り込むのを防いで

肌が炎症を起こすのを防ぐ役割を担っているので、

それを無理矢理引き抜くということは、

肌にとってはとてつもないダメージなのです。

 

 

また、ムダ毛を自力で引き抜くことにより

皮膚の奥に毛が潜り込んで、いわゆる「埋没毛」を

作ってしまう危険性があります。

 

 

埋没毛が出来ると、サロン等で脱毛を断られることが多く、

エステでも解消する事は出来ませんので、事態が悪化する前に

毛抜きでのムダ毛処理は控えるのをお勧めします。

 

 

そこでやはりオススメなのが、エステサロンなどで行っている脱毛です。

 

 

脱毛の仕組み

脱毛のメリットは、何と言っても

ほぼ永久脱毛に近い状態までムダ毛をなくせる事です。

 

 

サロンに通っている期間は時間とお金がかかるように感じますが、

ある程度の期間続けて通えば永久脱毛に近い状態までムダ毛は減り、

それ以後のお手入れがぐんと楽になります。

 

 

ですので、カミソリや毛抜きでの自己処理に比べて

結果的にはかなりの時間の節約にもなります。

 

 

また、脱毛を始めるのであれば、20代のうちまでに

開始するのが理想的です。

その理由は、脱毛の仕組みにあります。

 

 

まず始めに、脱毛というのは毛周期に合わせて

1ヶ月に1〜2回の施術を何ヶ月にも渡って繰り返し、

ご自身が納得されるムダ毛の状態になるまで続けていきます。

 

 

なので、人によっては1年、または2年、それ以上と、

長期的なプランが必要になってきます。

 

 

エステサロンや医療クリニックで行う脱毛の仕組みというのは、

レーザーや光などを肌に当て、黒い部分であるムダ毛に反応させ

弱らせていくというものなので、多少なりとも肌へのダメージはあります。

 

 

ある程度年齢がいってしまってからだと、色素沈着や火傷等、

跡に残る損傷にもなりかねません。

 

 

しかし、肌の状態がまだ若いうちであれば、肌に十分な水分と

再生力がありますので、シミやシワにまでは至りません。

 

 

よって脱毛を始めるのであれば、肌の水分量が多い

20代のうちまでに決めておきたい所です。

 

 

そう言った意味から、もしムダ毛の自己処理に限界を感じていて、

脱毛を考えているのなら、今すぐご自分に合ったサロン探しを

始められる事をお勧めします。

 

 

自己処理で開いた毛穴はキレイになる?

自己処理により足や脇など毛穴が赤くプツプツになってしまったお肌は、

たいていの脱毛サロンでは施術をお断りしています。

 

 

先にもお伝えしましたように、脱毛を行う際のお肌の状態は

少しでも良好である事が求められるからです。

 

 

一度そう言った状態になってしまった場合は、

ある程度肌の状態が良くなるまで自己処理は中断しましょう。

 

 

炎症があるようであれば、それが治まってから

脱毛エステに通われると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
カテゴリー
最近の投稿